人間関係のトラブルを考えるよりスキルアップを考える

この記事をシェアする

必要なのは聴く力と受け入れること

この業界にいらっしゃるお客様は何を求めて来店するのでしょう。
様々な理由が考えられますが、先ずは癒されたいというのが一番ではないでしょうか。
そして、自分の存在を価値あるものとして再確認したいという事、非日常でドキドキしてみたい等が挙げられると思います。

ここでも、お客様の希望は千差万別だとしたら、お客様との会話から何を求めているのかを探る必要があります。
どうしたら探れるのか?聴く力と適切な相づち、相手の気持ちに寄り添っていると思っていただける言葉づかいでしょう。
実は、この技術はこの業界でなくても使える方法だと思います。
このスキルが身に付くと、お客様から信頼していただける確率が高いので、本心が分かり、かゆいところに手が届くような、気のきいた存在にあなたはなれるはず。
次のコーナーでその方法をお伝えします。

広い知識を入れながらも、感情に寄り添う

お客様はどのような業界の方がいらっしゃっても、ある程度の知識を持っていると武器になります。
しかし、相手の業界の知識を深く持っていたとしてもひけらかすのではなく、あくまでも「存じてます」程度にし、会話が詰まった際に相手に語ってもらうきっかけとして使ってみるのはいかがでしょう。
お客様が自ら話し始めると、ラッキー。

次は、相手の感情を表す言葉に敏感になるべきです。
その感情に対し、自分も同じように感じるという事を返してみる。
悩んでいるような言葉であれば「苦しそうですね、心配です」
自慢げであれば「とても活き活きとしていらして、私も元気がもらえます」のように返事をしてみてください。
黙って聞くだけでなく、話の適切な部分での相づちは、聞いていますのサインですのでこれも重要。
聴く力と共感力、これを磨いて会話力ナンバーワンの存在を目指してはいかがでしょう。