人が集まればトラブルはどこでも発生する

キャバ嬢にこれからなろうという方、また、今のお店は人間関係がドロドロしすぎているからもっと風通しのよい職場に変わろうと思っている方、少し一緒に考えてみましょう。 そもそも、キャバ嬢に向く方、生き残っていける方はどのような性格の傾向があるのでしょう。

キャバ嬢に向く方、長く働いている方の性格傾向

今回は、キャバ嬢における人間関係にはトラブルが多いか?というテーマですが、果たしてキャバ嬢だけが突出してトラブルが多いのかは、少々ギモンが残ります。
というのも、そもそも人間が5人以上集まればそこは集団であり、集団を形成すれば、多かれ少なかれ問題は発生するものです。
利害関係があまりなく、思考のパターンが似ているもの同士が集まった仲良しグループであれば、トラブルも少なく、人間関係のトラブルが発生したとしても、そのグル―プから抜け出すのは比較的簡単なのではないでしょうか。
しかし、仕事場での人間関係及びトラブル発生は、仲良しグループのトラブルとは違い、問題解決も話し合いですぐ解決するものから、自身の健康を害するものまで多種多様です。
何故、そのような状況になるのか?
職場は、そこに集まった人々の働く目的や思考傾向等が様々だからです。

職場の集団は、「この会社に自分が就職したい」と思って選んだつもりですが、働く仲間は選べません。
また、その仕事についてある程度の興味や関心があって選んだ人々の集団ではありますが、その仕事に対する情熱や責任感、考え方は千差万別のはず。
多種多少な人間が集まると、トラブルが発生するのは当然です。
私も、自分の周囲を見ていて思うのですが、自分が当然または常識だと思っていることを、他の人も同じく常識や当然だと思い込んでいる事が多いようです。
そんなことは、ありえないと思います。
極端な事を言うのであれば、「自分の常識は、他人の非常識」かもしれないのです。

そのような事を考えると、キャバ嬢だけが人間関係のトラブル多発地帯とは思えませんが、この世界には独自のルールと業界に多い思考傾向があると思うので、その点から少し人間関係を円滑にする方法を考えたいと思います。

その世界の独自ルールは理解して守るのが大切

キャバ嬢の世界には、キャバ嬢の独自のルールがあると思います。 どこの世界でもそうですが、その業界独自のルールがあるならば、先ずは理解し、記憶し、守るのがトラブルを避ける一番の早道だと思います。  ここでは、キャバ嬢の掟について少々お伝えし、一緒に考えてみたいと思います。

人間関係のトラブルを考えるよりスキルアップを考える

キャバ嬢の世界で、人間関係のトラブルを回避しならが長く生き残るためには、どのような事が必要なのでしょう。 実際、他のキャバ嬢を何らかの方法で陥れるよりは、自分がこの世界に必要な知識や技術を磨き、スキルアップするほうが素敵な女性だと思います。 ここでは、そのことについて少し考えてみたいと思います。